整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科。岡山市南区の大森整形外科は地域に根ざし患者さま目線の医療を提供します。


ホーム当院を受診した患者さま > ハイヒールなどが原因の有痛性外反母趾(2)

当院を受診した患者様

大森整形外科では、毎月のべにして約1500人の患者さまの治療に携わっております。皆様に安心して受診して頂けるよう、診察時の記録写真や術前・術中・術後の写真を掲載し、症例と担当医からのコメントをご紹介いたします

ハイヒールなどが原因の有痛性外反母趾(2)

27歳 女性


before

after

術後1年、しっかりグーパー運動が出来ています


症状

27才女性の有痛性外反母趾

症状

手術前と後です。外反母趾は原因はいろいろあり確定的はものはありませんが、裸足で走っていた縄文時代の足跡には全く見られず、鼻緒型の履物から靴の時代に入って見られるようになったので、合わない靴やハイヒールなどが原因であることは明らかです。足部の内在筋を鍛えるために、日頃よりグーパー運動、床においたタオルを足趾でたぐり寄せるタオルギャザー運動を指導しますが、術後1年で術前に出来なかった母趾のパー(外転)が出来るようになりました。提携協力病院 岡田整形外科にて手術を行いました。

大森整形外科。診療のご案内。

患者さま一覧へ


※年齢は受診時のものです

※術前術後の写真は効果を保証するものではありません。