整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科。岡山市南区の大森整形外科は地域に根ざし患者さま目線の医療を提供します。


ホーム当院を受診した患者さま > 右大腿骨頚部外側骨折(転子間骨折)

当院を受診した患者様

大森整形外科では、毎月のべにして約1500人の患者さまの治療に携わっております。皆様に安心して受診して頂けるよう、診察時の記録写真や術前・術中・術後の写真を掲載し、症例と担当医からのコメントをご紹介いたします

右大腿骨頚部外側骨折(転子間骨折)

81歳 女性


before

after

荷重がかかると骨頭内に刺入したラグスクリューは近位骨片ともに外側にスライドし骨折部はしっかりかみあう


症状

転倒し受傷 右股関節痛 歩行不能

症状

振り向いた際にバランスを崩して転倒受傷。高齢者のよくある骨折。この骨折はすべて手術適応ですが、病院により手術での使用固定器具は異なります。私自身も症例によって固定具を使い分けていますが、この固定具は現在一番愛用しているPFNA(Proximal Femaral Nail Antilocking)という固定具です。皮膚切開は臀部刺入部に3センチ、大腿外側に2カ所各2センチほどです。出血もほとんどありません。術後経過は非常に良好で早期離床し元気になられました。提携関連病院の岡田整形での手術です。

大森整形外科。診療のご案内。

患者さま一覧へ


※年齢は受診時のものです

※術前術後の写真は効果を保証するものではありません。