整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科。岡山市南区の大森整形外科は地域に根ざし患者さま目線の医療を提供します。


ホーム当院を受診した患者さま > 小児の前腕骨折を徒手整復しギプスにて治療

当院を受診した患者様

大森整形外科では、毎月のべにして約1500人の患者さまの治療に携わっております。皆様に安心して受診して頂けるよう、診察時の記録写真や術前・術中・術後の写真を掲載し、症例と担当医からのコメントをご紹介いたします

小児の前腕骨折を徒手整復しギプスにて治療

7歳 女性


before

after

骨折部整復後側面


症状

転んで手をついて受傷 前腕の変形、疼痛、機能障害

症状

小児の骨折の治療は一部の骨端線離開骨折や靱帯付着部の剥離骨折を除いて、原則は 保存的治療です。ギプス治療は骨折部の上下関節の固定が原則となります。この患者さんは橈骨尺骨とも骨折し、橈骨はひどく転位しています。実は2本とも折れている方が整復は容易です。よくモールドされた石膏ギプスで約6週間固定で治癒しました。この骨折は早くギプスを外して、再度手を捻ったりしての再骨折が多く、早くギプスを外して欲しいとせがんではダメです。成長線に近い骨折は側面像での屈曲変形は15度くらいあっても、大人になるまでにきれいに自己矯正しますが、できるだけきれいに直しておくにこしたことはありません。

大森整形外科。診療のご案内。

患者さま一覧へ


※年齢は受診時のものです

※術前術後の写真は効果を保証するものではありません。