整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科。岡山市南区の大森整形外科は地域に根ざし患者さま目線の医療を提供します。


ホーム当院を受診した患者さま > 骨折の無い腱性マレット指(2)

当院を受診した患者様

大森整形外科では、毎月のべにして約1500人の患者さまの治療に携わっております。皆様に安心して受診して頂けるよう、診察時の記録写真や術前・術中・術後の写真を掲載し、症例と担当医からのコメントをご紹介いたします

骨折の無い腱性マレット指(2)

57歳 男性


before

after


症状

野球をしていてボールが指にあたり疼痛と変形が残った

症状

マレット指(槌指:つちゆび)などと呼ばれる外傷で、第1関節を伸ばす腱が末節骨付着部から断裂するもので、骨をつけて剥離骨折する場合と、この症例のように腱実質で断裂するものとあります。骨をつけて剥離骨折の場合は骨を固定すれば比較的予後は良好ですが、この症例の様に腱実質断裂の場合は手術しても予後は劣ります。しかし放置すると更にスワンネック変形等の第2関節の変形も出てくることがあり、手術を受けて出来るだけ修復しておく方が望ましい。しかし手術しても断裂のしかたで縫合が困難な場合もあり、必ずしも成績が安定しないため、病院によっては全く手術せずマレット装具という指装具で治療するところもあります。とにかく治療開始が遅れると予後は更に悪くなるので、出来るだけ早く病院を受診するべきです。

大森整形外科。診療のご案内。

患者さま一覧へ


※年齢は受診時のものです

※術前術後の写真は効果を保証するものではありません。